読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内向的な人間はコーヒーを飲むな........?!

20歳を超えてから末端冷え性が急速にひどくなりました。厚手のソックスを買おうと思います。マッチャンです。

 

突然なんですけど、世の中ではどこでも「外向的な人間ステキ!」って思われてません?
何事にも積極的で、会議なんかでは発言しっぱなしで、週末には友人と毎週ドライブ、みたいな(?)私もステキだと思いますけど。
でもその対極に位置する「内向的な人間」に対してはなかなか世の中の評価は厳しいと思うんですよね。
自分は内向的な方だなあと思っていたとしても、そこから抜け出そうとする人たちの方が多いと思いますし。


かく言う私も自分は内向的な人間だと自負して生きてきました。今でこそ外向的な人間を装って生活することに成功していますが、高校生ぐらいまではまあ〜〜〜〜ひどかった、って感じです。

まあつまり内向的な部分を恥じ、隠そうと生きてきたという訳です。


しかし先日一冊の本に出会いました。
「ハーバードの心理学講義」という本です。
ハーバードの卒業生が選ぶ3年連続で人気教授に選抜されたブライアンRリトルが教える................というありがちな謳い文句に引き寄せられてブックオフで買ってしまいました。


この本にとても面白いことが書かれていたんです。
ちょっと難しい事今から言うんですけど別に頭良いアピールとかではないので我慢してください。


「生理学的には、外向型ー内向型の違いは、脳の新皮質の特定領域における覚醒レベルの違いだと考えられている。つまり<span style="color:#FF0000">外向型の人は普段の覚醒レベルが低く、内向型の人は高い状態にある。</span>
日常生活で適切に振る舞うには、覚醒レベルを最適に保つ必要がある。つまり外向型の人間は覚醒レベルを上げようとし、内向型は反対に下げようとする。」 

とのこと。

 


すいません、覚醒レベルとかちょっと意味わかんないですよね。まあつまりですね、<span style="color:#FF0000">外向型人間は刺激的な場所、物、人に囲まれている時が一番頭が良くなって、反対に内向型人間は静か〜〜〜〜な場所、物、人に囲まれている時が一番頭良くなるってことですね。</span>

 

二つのタイプの間にIQの差等はないとのことで、ただただ内向型人間は刺激に異様に敏感!ということらしいです。
なので内向型の子供に、痛みに対して敏感な子が多かったりするのはごく自然なことらしいです。
全国のお母さんは自分の子供が転んでビービー泣いていてもそこまで怒らんとってやってください。

 


はい!ということで長くなりましたがここでやっとタイトル回収ですね。皆さんご存知の通りコーヒーに含まれるカフェインには神経を興奮させる作用がありますから、ここぞ!という時に飲むのはあまりお勧めできないということでした。
私は毎日必ず2杯は飲んでますけどね⭐︎

 

あと、ちなみにですね、お酒は少なくとも飲み始めた段階(ワイン2杯とか)では神経を逆に落ち着かせる効果があるので、お酒飲んで饒舌になる方は先天性的には実は内向型だったりするかもですね〜〜〜〜。だから何なんだって話ですけど。


自分の内向的なところ嫌だな〜〜とか思っている方は是非「ハーバードの心理学講義」読んでみてください。
2017年個人的にすごくオススメ本部門暫定1位なので!


それでは!!!